人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

内藤邦雄の「mid NAITO cafe ~ミッド ナイト カフェ~」

花火(夏の終わりの風景)

8/26 私の住まい千葉県Y市の花火大会があった。
毎年8月の第3土曜日に行われているが、今年はカレンダーの都合であろうか、第4週に行われた。首都圏ではかなり遅い開催ではないか?

実はこの花火大会、私の家(公団の借家で団地)の裏の通路、すなわち玄関先からよく見える。
しかも、玄関先は階段の踊り場でちょっとしたスペースになっており、毎年、親戚を集め、アウトドア用のテーブルなどだし、ビールと枝豆で盛り上がるのである。
今年も両親やら、叔父やらいとこやらに声をかけ、毎年のように準備をしていたのだが、前日、妻が「なんかのどが痛いからお医者さんにいってくる」といい、軽い夏風邪と診断されて帰ってきた。妻曰く「1日寝ていれば直る」といっていたが、その後発熱。翌日の朝になっても熱は下がらず、当日の朝ではあるが、招待客にキャンセルの電話をいれた。
皆一様に残念そうであったが、年配者にうつしたりでもしたら大変なのでやむを得まい。

それでも花火は江戸の華(千葉だけど)。これは一人でも花火見物を決行するなりと、団地入居後9年目にして始めてのひとり花火大会となった。
いそいそと近所のスーパーでビールやら枝豆やらごんじり(好物の沢庵漬物)を購入し、アウトドア用のいすとクーラーボックスを設置。たまにはひとりさびしくしずかに、夏の終わりの夜空にはじける花火をめでるのもまた格別だ。

でも、実は今年の花火は特別な思いがあった。
我が家の特等席から花火を見るのはもしかすると最期になる可能性があるのだ。
と、いうのも、ちょうど、我が家と花火の直線上に、巨大なマンションが建設されている。
来年は私たちの花火への視線をさえぎるのは確実だ。
まあ、残念だけど、やむを得まい。この団地のせいで花火を見れなくなった方々もいるわけだし・・・

来年はもうここから花火をみることはできない。
そう思うと、なんとなくビールも少し苦く感じるのだった。

カルテモ通信へのご意見、ご感想は info@cultemo.com まで
by cultemo | 2006-08-28 16:08

翻訳とローカリゼーションの株式会社カルテモの 社長 内藤邦雄 が日々考えたことを語ります