人気ブログランキング |
ブログトップ

内藤邦雄の「mid NAITO cafe ~ミッド ナイト カフェ~」

<   2020年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ダイエット(2)

「やっぱり、痩せないとダメだよなぁ?」
そんなうっすらとした決意。脆弱な思いとは裏腹にさまざまな、不安や言い訳が浮かんでは消えていく。

「本当に、痩せられるかなぁ」
「ダイエットは苦しみしかないぞぉ」
「おまえ(オレ)、最近代謝も落ちてきたよな。。」

たしかに、昔は 10kgなんて簡単に痩せられた。1ヶ月間、朝食は抜いて、昼食でおにぎり2つ、夜は野菜だけで、14kg の減量とか。。でも、すべて過去の栄光。現実は、100kgをはるかに超えたの50過ぎのおっさんだ。

「死んでしまうかもしれない」

はじめて、この言葉を思った。
その時、ボクの中で、またあいつがささやいた。

「もう、あきらめようぜ。死にたくないだろ。」

ボクは、「食欲」という名の相棒としばらく距離を置くことを決意した。
本気のダイエット。これまで幾度となく口にしてきたこの言葉。
「もしかしたら、命がけのダイエットなのかもしれない」本当にそう思った瞬間だった。

家に帰り、妻と話す。

内:あのさぁ、今度こそ痩せようと思うんだけど。。。
妻:ふーん。いいじゃない。(あきらかに期待してない)
内:どうやったらいいかな?

糖質オフダイエット、レコーディングダイエット、リンゴダイエット、バナナダイエット、ロングブレスダイエットから、ライザップ、ファスティング(断食)、入院(!)まで、さまざまなダイエット方法が頭をよぎる。
その時、妻から思いがけない一言。

妻:・・・また、ビリーズブートキャンプでもやる?
内:ええっ?
妻:確か、どっかにDVDあるわよ。

ビリーズブートキャンプとは、懐かしくも、悲しい名前。
そういえば、そんな時代もあったなぁ。1週間と続けられなかった。
本当にDVDはあるのだろうか。。

内:ありゃ、無理だ。絶対無理。というか、いまやったら心臓止まる。
妻:まぁね。(笑)
内:運動は、すこし体重が減ってからでないと本当にやばいと思う。
妻:痩せたらということね。(信用してない)
内:要はさぁ、食べなきゃいいんだよ。食べなきゃ痩せるんだ。
妻:じゃ、私は何を食べさせればいいの?
内:だからさぁ、食べないって言っているのに、「何を食べさせれば」って変だろ。
妻:糖質制限とかは、素人がやると危険らしいよ。
内:なんか、そういうのじゃないんだよね。
妻:だから、私はどうしたらいいのって聞いているの(怒)

糖質ダイエットがブームの昨今だけど、ボクの場合、そういうダイエットではないような気がする。本当は入院すべきレベルかもしれないし、もっと根本的に対処する必要があるような気がしていた。
そんな時、ネットで「なぜ痩せるのか」で検索したら、タニタのホームページが出てきた。

健康的に体重を減らすには|タニタ - TANITA
https://www.tanita.co.jp/health/detail/31

その中に記述に太る原因があった。
「単純に考えれば摂取エネルギー量(食べる量)が消費エネルギー量(運動する量)より多くなってしまっていることが原因」とある。当たり前なのだろうけど、いままで「食欲」という相棒にとりつかれていた僕は、己の食欲を満たすことで彼との良好な関係を保ってきた。

「そうだ、やつ(食欲)とは、しばらく距離を置くんだ」という強い決意とともに、ボクはタニタのホームページを読みすすめ、以下の基本方針を立てた。

1. 摂取カロリーの制限
2. (ある程度)バランスのいい食事
3. (適度な)運動

内:まずは、摂取カロリーを1日2,000kcal 以下にしようと思う。
妻:はぁ?じゃ、私は何を食べさせればいいの?(またかい)
内:だから、食べないって。
妻:でも、2,000kcal なんてどうやって作ったらいいかわかんない。
内:まぁ、そうだねぇ。。

たしかに、1日2,000kcal以内の食事といったって、普通どうしたらいいかわかんない。
そもそもカロリー計算ってどうやんだ?
再びネットで検索すると、カロリー計算アプリが出てきた。ふむふむ、食べた食事と量を入力するとだいたいのカロリーがでてくるらしい。

内:カロリー管理アプリをインストールした。
妻:カロリーねぇ。なんかさぁ、お隣のおじいちゃんが宅食とってるよね。
内:宅食?
妻:ほら、前にお義父さん(ボクの親父)にもとったことあるじゃん。
内:ああ、お弁当みたいなやつね。
妻:そういうのなら、カロリーとか計算してあるんじゃない?

今思うと、この発想が成功(なのか?)への1歩になったことは間違いない。
その瞬間から、ボクは「カロリー制限ダイエット」という恐ろしくオーソドックスなダイエットを開始したのであった。


※ まだまだ書くことあるので、次回に続きます







by cultemo | 2020-06-30 16:12 | 健康 | Comments(2)

ダイエット(1)

実は、やせました。
9ヶ月で体重は35kg、体脂肪率で10%ほどのダウン。
「おまえ、一体何キロあったんだよっ!」という声も聞こえてくるが、とにもかくにも、20年前の体重に戻ったわけだ。豚バラ肉35kg、もしくは、豚の脂身20kg、想像するだけで気持ち悪い。10kgの米袋 3つ持ったら、10mと走れない。いったいボクは、昨年の夏まで、どうやって生活していたのだろう。

昨年の秋、血液検査の結果を見て担当医師はなにやら計算を始める。

医師:うーん、そうだねぇ。。。●●歳。うんっ、このままだと●●歳までしか生きられないよ。

と衝撃の発言。
いわゆるテレビとかでもやっている寿命宣告なわけですが、医師は続ける。

医師:この血液検査に加えて、高血圧もあるわけだし。。。
内藤:あっ、先生。高血圧はそれほどでもないと思いますが。。。(低いわけではないけど。。)
医師:(ちょっと意外な顔して)あっそう。いくつくらい?
内藤:上が●●、下が●●くらいかな?(低いわけではないけど。。)
医師:ホントに?(おもむろに血圧計を取り付け始める。)

検査2回の結果を見て。

医師:上が●●、下が●●か。まぁ、正常とは言えないけどとりたてて高いわけではないね。
内藤:そーですよね。(低いわけではないけど。。)
医師:まぁね、とにかく●●歳だから!寿命計算すると●●歳になっちゃうの。

超高血圧がやや高血圧だった分のマイナスを期待したけど、どうやら誤差の範囲(?)らしい。

医師:さて、なにから手をつけようかね?
内藤:あんまりクスリとか飲みたくないんですけど。
医師:まぁ、尿酸値下げる薬は飲まないとね。あとはコレステロールかな。ほかはまだ多少だけど様子見できる。
内藤:はぁ。。
医師:あと、いちばん大事なこと。。。痩せて。1か月に2kgずつ。

こんなやり取りを経て、ボクは大量のダイエット資料を渡され、帰宅した。

「ストレスで太る」とずっと言っていた。
食べることが大好きなボクは、苦しいことがあると食べることに逃避する。たぶんそれは本当の事だけど、もはやそのレベルは超えていた。マクドナルドのポテトは無意識にLサイズ。酒を飲んだ後、締めの焼きおにぎり、二度締めラーメン、とどめケバブ(?)の自分がいた。

いつかこうなることは、わかってはいた。
でもその「いつか」を先延ばしにしていたわけだ。
おにぎりを握る居酒屋の大将、麺をゆでるラーメン屋の店員さん、たぶん中東の方だとおもうケバブ屋の店長、みんなの笑顔が走馬灯のようによぎる。

「いい機会じゃないか。」ボクの中でだれかが言った。
そして、そいつは、こんなことも言った。
「あきらめろ。もう食べることをあきらめるんだ。」


※ 書ききれそうもないので、次回に続きます


変遷写真(昨年の写真がこれしか。。)
ダイエット(1)_a0076693_18200079.png









by cultemo | 2020-06-22 18:23 | 健康 | Comments(2)