人気ブログランキング |
ブログトップ

内藤邦雄の「mid NAITO cafe ~ミッド ナイト カフェ~」

仙台水沢紀行(4)

「大穴取ったらアイスおごるって言っただろぅ。」
そのオジサンは、興奮気味に食堂のおばちゃんに言うのであった。

本馬場の裏の心そそられる食堂街。
昔はたくさんお店があったのだろう。
いまは2店舗で張り合っている。

a0076693_10555055.jpg


ボクとあっちゃんはビールとモツ煮込み。
隣のテーブルでは、オジサンたちが競馬検討中も、半分もヒアリングできない。

ファンファーレがなって、レースが始まる。
「オレ、このレース買ってんだぁ」と、ひとりのオジサンが本馬場にダッシュ。
レースが終わり興奮気味のオジサンが戻ってくる
「〇〇(騎手の名前)のこと、ゴール前で怒鳴りつけてやったよ。どうかなぁ、もしかしたら差し切ったかもしんねぇ。」
場内にレース結果が流れる。ある馬券が 50倍の高配当。
「もしかしたら、オレ買ってんぞ!あった、当たった!」
オジサンは、なぜか食堂に行き「好きなアイスとれってば。」と絶叫。
食堂のおばさんたちは、めいめいにアイスを手にとる「あら、いいの?ご馳走様」。
満足そうなオジサンは、仲間たちに「やっとアイスおごれたよぉ」としみじみ語る。
周りのオジサンたちも口々に賞賛の声。(ほとんど聞き取れない)

ボクとあっちゃんは、幸せな気分で食堂を後に本馬場にもどる。

a0076693_1056131.jpg


次のレースが始まる。ゴール前では大歓声。そこには地方も中央もない。
蹄、呼吸、騎手の声、そして鞭の音。地方競馬は音が近い。
これぞ「競馬」、最高の贅沢。

帰りの仙台までの新幹線の中、ビールと地元銘菓「パパ好み」をつまみにビールで反省会。
「そういえば、盛岡競馬場が外側がダートで、内に芝の米国式競馬場なんだよね?」
「盛岡は、一度行ったことある」とあっちゃん。
「よし!水沢の借りを盛岡で返そう。そして食堂のおばちゃんにアイスおごらなくちゃ。」
ボクとあっちゃんは二人、固く誓い合うのであった。

沈みかけた夕日が東北の山々を映しだす。
美しい車窓を眺めながら、ふと数時間前の楽しい時間を思い出す。
気高き競馬場と人々のぬくもりにボクはまた元気をもらった。


(終)






*****
# by cultemo | 2014-10-08 10:59 | 食・酒・店 | Comments(3)

仙台水沢紀行(3)

地方競馬には、そこはかとない郷愁がある。
故郷を持たないボクは、それを郷愁と感じたが、もしかすると哀愁といったほうが正しいのかもしれない。

ボクはこれまで、南関東の大井、川崎、浦和、船橋のほか、宇都宮、高崎、笠松、益田といった地方競馬に行った。
残念ながら、南関東と笠松以外は、すでに閉鎖となってしまっているが、その思い出は残る。
ボクが20代の頃は、やっと大井でナイターが始まったばかりで、大井以外は、みな同じ匂いがした。
他人同志、それぞれが勝手に競馬をしている雰囲気は、すべてが平等であり、すべてが孤独でもあった。
その中に埋没することで、ボクは非日常と心地よい安心感を感じられたのだった。
たとえそこが、競馬場という戦場であったとしても。。。

ボクは次の朝、仙台から1時間新幹線に乗って、水沢競馬場を訪れていた。
「水沢は仙台からも遠いんだよ」とは、前夜に引き続き同行のあっちゃん(いとこ、小学校教師)。
ふたりは、軽い二日酔いの頭を抱えながらも、水沢競馬場に心躍らせていた。

静かな田園地帯のその先に古いが大きな建物が見えてきた。
向かう人の列からは、野武士のごとき殺気がただよう。
古き良き地方競馬がそこにあった。
a0076693_12593229.jpg

近づくと、入口の近くにパドックとすぐ横に馬券売り場。人々は、そこに集結していた。
馬券売り場は、パドック横の区画のみ。1階のほとんど、2階、3階のすべての馬券売り場は閉鎖中。
そして奥には JRA の新しいビル。そのコントラストは、現代の競馬界を象徴するよう。
昔は少なくとも、いまの5倍以上の来場者がいたのだろう。
水沢競馬の馬券売り場からは、往年の盛況ぶりがうかがえる。

悲しくも、気高きこの競馬場に来るためのボクは旅にでたのだ。

最終回へつづく





*****
# by cultemo | 2014-09-25 13:00 | 食・酒・店 | Comments(0)

仙台、水沢紀行(2)

あっちゃん(いとこ:小学校教師)が週3回通うという立ち飲みは、国分町と言われる繁華街でもディープなエリアに隣接しているところにあった。
道すがら「常連がたくさんいて、うるさいけど気にしないでね。」といわれながら到着。
暖簾をくぐると、あちこちから「遅いじゃない」とか「今日は一人じゃないの?」と声がかかる。
この声を聞くだけで、彼がこの店とお客から愛されているのがよくわかる。

a0076693_16264876.jpg
お店は、古きよき立ち飲みの体でいながら、充実した日本酒と珍しいつまみをそろえた、ちょっとモダンな店構え。
店名はこの土地の英雄の幼名からかな?
これなら、多くの心優しき常連を虜にしてしまうわけだ。

ハイペースで飲み続ける、おいしくそして楽しいのお酒。
あいかわらず、あっちゃんはよく飲む。
ボクも十分の飲む方だと思うけど、完全に同じペースで同じ酒を飲んでいる。
そして、ひたすらおしゃべりなオイラの話をずっと笑顔で聞いてくれる。
お互いの家族の話やら、亡くなったオジサンの話、翌日の競馬の話など話題は尽きない。

a0076693_1627016.jpg「すし屋で締めたいなぁ」とは、ボクの発言。
あっちゃんの行きつけのすし屋に電話するも満席とのこと。

「駅にいい寿司屋があるんだよ。」とあっちゃん。
「では、そこに」ということで、駅までもどる。
駅のお土産屋さんの並ぶコンコースの奥にある、こちらも立ち食いのすし屋に到着。
あっちゃんが、なれた口調で、にぎりを頼む。
出てきたにぎりはどれも絶品。

「駅の施設にある店とは思えないねェ。(失礼)」
「いいでしょ、この店。でもね、この店、ターちゃんが教えてくれたんだよ。」とあっちゃん。
なんと、ターちゃんとは、ボクのアニキではないか!

と、とにもかくにも、おいしい仙台の夜は更けていくのであった。

つづく(次回、水沢競馬編)





*****
# by cultemo | 2014-09-16 16:33 | 食・酒・店 | Comments(0)

仙台、水沢紀行(1)

28年前の夏の夕暮れ、ボクはこの場所に立っていた。
耳には安物のヘッドフォンカセット(ウォークマンではない)の音が流れていた。
ジャイアンツの帽子をかぶったオジさんが、プロ野球の結果を聴いてきた。
「ラジオじゃないんですよ」というと、「そうなんだ、オレは野球が好きでね。お兄さん旅行中かい?」
「はい、東京から来ました。ジャイアンツファンですか?」「そうなんだよ。おれも倅も大のジャイアンツファンでね。」
その後、千葉にご家族を残して単身赴任中のジャイアンツファンのオジさんとヤクルトファンのボクはなぜか意気投合し、喫茶店で朝まで語り合った。
飲みにいかなったのには理由がある。
ボクは、まだ高校生だった。

仙台の景色は変わっていなかった。
おそらく多くの店が代替わりして、たぶん建物も変わったと思うけど、風景と空気は変わっていないかった。
正確には20代半ばに仕事で仙台に来ているから、約20年ぶりの仙台。
今回の旅(1泊ですが。。)の目的は2つ。
「従兄と仙台で飲む事」と「水沢競馬場」だ。
a0076693_12242699.jpg
ホテルのロビーで従兄と待ち合わせて、旅の目的である飲み会。
お目当ての店は残念ながら臨時休業だったので、まずは牛タンとビール。
絶品の牛タンのたたき、牛タンの角煮をつまみに、2年ぶりくらいの再会を喜び近況報告。仙台の従兄とは、年数回会って酒飲んだり、競馬行ったりするのだけど、最近はちょっといろいろあって会えなかった。亡くなった伯父に競馬の薫陶を受けた同門の士。
「あっちゃん(従兄の名)は、オイラの弟弟子だね。」と、7歳も年上の小学校教師に大変失礼な発言。
「木村さん(伯父さん)に教わって競馬はじめたのだから、そういうことだね(笑)。」と彼はいつでも優しい。
人気店らしく混み合ってきたので〆の牛タン焼(?)を食し会計。

「そしたらさ、オレが週3回通ってる立ち飲みに行く?」とあっちゃん。
「もちろん行く。」とオイラ。

つづく (仙台の夜も)





*****
# by cultemo | 2014-09-08 16:05 | 食・酒・店 | Comments(0)

葛西でいちばん

葛西で一番のすし屋「すし処 きむら」にて仕事の先輩と会合。

すし処 きむら
http://r.gnavi.co.jp/81jum4vh0000/

江戸前とはこういうものか、仕事とはこういうものかを、いつも学ばせていただく隠れた名店。
魚と酒とシンプルな趣に大将のこだわりを感じる。
この店では、いつも日本酒を飲み過ぎてしまう。

a0076693_1334229.jpg
季節ものの新子

食通の先輩も大絶賛。
寿司で季節を感じながら、夏の世はふけていく。





*****
# by cultemo | 2014-08-22 11:20 | 食・酒・店 | Comments(0)